« 頭突き・・・続き。 | トップページ | 好き?嫌い??? »

2006年4月17日 (月)

狭く、深く。

今日、ぽかぽかするかと思いきや、風が冷たく、寒かった(しかも、Yシャツ1枚、これはつらい。)

ってなわけで、今日の話題にGo!

こんだけパソコン環境が整うと、非常に便利であり、時間的効率っちゅーもんは飛躍的に高まっているな。スピード感をもって何事にも対処できる便利なツールではあるが、それの使い方を間違えると、これは大変。

特に、メールちゅーもんは便利なようで、実は危険。そして直接人に話すときより慎重にならざるを得ん。

活字で物事を伝えるんは、具体的に・且つ簡潔に伝えんと、文面がワケワカランよーになってまう。んで、活字にすると感情の、イントネーションの何も伝わらんので、自分が”そんなつもり”で打ってなくとも、受け手側にはどう思われとるんかは、分からんわけよ(相手の顔見えんから当たり前やわな)

ってことは、相手の顔が見える会話よりも、倍以上神経使わんといかんわけ。

例えば、何かの物事に対して質問を送る場合・・・

『○○の件、どうなっているのですか。早急に連絡願います』

と相手にメールを送った場合、非常に冷たく、かつ命令形に受け取られる可能性はあるわけよ。顔を見合わせながらであれば、微妙なニュアンスを絡め、顔に表情を出しながら言葉に強弱付けられるが、活字にすると、伝えたい内容がストレートに表現されてまうんで、非常に命令口調に見えることが、ままある。

同じことを伝える場合でも、

『○○の件どうなりましたか?お忙しいとは思いますがご連絡お願いします』

と、文言を柔らかく、且つ付け加えてあげることで、相手の受け止め方も非常に違うわけやね。

同じことを伝える場合でも、自分が逆に受け取る側にたって文面を作らんと、いらん誤解を生んだり、『こいつ、何を偉そうに』となるかも。

メールのやり取りでは、結構ある。

打った本人はそんなつもりが無くても、受け取る側の性格次第では、どのように受け取られるか分からん。(何回か、それで失敗したからな。)

で、あるならメール文言に気遣いの言葉を入れることで、とても改善できる。結構そんな事多いンや。

 

結構あるで。メール見て『なんや、こいつ』って思うこと。当たり前やけど、普段話してるときはそんな言い方せぇへんの分かってんねんけど、そのメール見るとムカつく時。メールやと、内容そのものがぶっきらぼうに見えたりするんやね。

便利なツールで有る以上、そこに潜むリスクにも目を向けて使っていくことが重要やね。それが、メールのマナーに繋がるンと思うンや。

 

ちなみに、顔文字も便利ではある。ビジネス上に於いては 難しいかも知れんが、社内とか、知人とのやり取りでは有効。文言だけではニュアンス伝え切れんとこを、顔文字や感嘆符(?や!)で、柔くするの。

見た目、アホッぽいかも知れん(女子高生みたいで)。けどな、本当にその辺に気付いている、受け手の感情考えている人間こそ、うまい事使い方考えてるんな。TPO考えてな。

|

« 頭突き・・・続き。 | トップページ | 好き?嫌い??? »

コメント

私の仕事は、新入社員でもいきなり上司になる(と、言ったらいいすぎでしょうか)、特徴のある仕事なので、そのせいか、謙虚さの足りない人が多い気がします。私が古い型の人間なのかもしれませんが。。。  ほんと、言葉ってのは重要で、言葉がけ一つで人間関係は豊かにも、希薄にもなりますね。 メールでも、同じことなのですね。かめきちさんの言うとおり、気遣いの言葉って大事ですよね!

投稿: kakki | 2006年4月17日 (月) 22時38分

kakkiさんへ
古い考え方ではないっすよん!(^^)!
そのように、相手に対する気遣いを持つことは当たり前であり、いまはその当たり前なことが出来てない人、多いだけナンス。

メールでは、その部分が露骨に見えてまうんすね~

投稿: かめきち | 2006年4月18日 (火) 08時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/1441845

この記事へのトラックバック一覧です: 狭く、深く。:

« 頭突き・・・続き。 | トップページ | 好き?嫌い??? »