« ひと段落・・・ | トップページ | やばいゎ・・・ »

2006年4月12日 (水)

ピエロとピエロ

今日発売のシングルCDを、2枚買った

1つは B'z「ゆるぎないものひとつ」 2つ目は 上木彩矢「ピエロ」

B'zのシングルの2ndBEATが「ピエロ」。んでもって上木のもピエロ。

そう、どっちもB'zの稲葉&松本が作った楽曲なわけや。で、聴き比べてみやした・・・

※CDを同時に2枚も買うのは、何年ぶりだろ・・・

どっちがどうとか言うわけではなく、それぞれ同じものがベースではあるが、楽曲の仕上がりはまったく異なっている。

B'zのは、疾走感あふれるBEATで、聴いていて心地よく走る抜けるような感じにとらわれる。

で、上木のは、ギターが効いたリズミカルなテンポの楽曲ではある。

 

B'zは言うまでもなく、トップアーティストならではの、安心感を持って聴ける曲にはなっており、同じくB'zの「love me,I love you」のアレンジを手がけた池田大介が参加したことにより、非常にまとまりの聴いた楽曲となっている。

対しての上木ヴァージョンは、アレンジが葉山たけしと言うことで、ギターの音色を前面に押し出した、かつリズミカルなテンポが持ち味の、違った味わいを醸し出している。※葉山たけしは、Being全盛期にトップアレンジャーとして在籍し、さまざまなヒット曲に携わっていた。たとえば大黒摩季、WANDSなど。B'zの楽曲に葉山が携わるのは夢のような話や・・・。

上木は、最近少なかった女性ロックシンガーとしての声質・ポテンシャルを持っており、今後の期待がおけるシンガーである。ルックスも非常によく、アーティストとして持つべき個性を持っていると推察する

ただ、今後はロック色をもっと前面に押し出した、パワフルなナンバーを彼女に提供するべきであろう。彼女の持つヴォイスを最大限に生かすのであれば、今現状を捉えた場合、それが最善策のように感じるのだが・・・

彼女自身も、遊び心を持ち、楽曲に幅を持たせるチャレンジをぜひ願いたい それが今後の活動継続にもつながっていくと思う

上木Ver.「ピエロ」の購入は http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000EPFSQW/ref=amb_center-8_41666706_2/503-5356571-7172732

B'z Ver.「ピエロ」の購入は http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000EPFSQM/qid=1144849869/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/503-5356571-7172732 

 

 

 

 

約束は果たしたぞ。

|

« ひと段落・・・ | トップページ | やばいゎ・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/1383377

この記事へのトラックバック一覧です: ピエロとピエロ:

« ひと段落・・・ | トップページ | やばいゎ・・・ »