« 労働の喜びを。 | トップページ | どうなっとんか。 »

2006年5月23日 (火)

こわひ世の中。

ホント、少年犯罪の凶悪化は目を覆うほどやな。

体も心も十分でない人間が、ビックリするほど、えげつない事に手を染めよる。

こりゃ世も末やな。

 

なんでこんな事が起こるのかは、両親の躾によるものが大きいことは、以前にも書いた(かな?)とおりだが、それ以上に『甘やかし過ぎなんちゃうか?』ちゅーこと。これは親だけの問題やのーて、国の教育政策・世論(一部団体)にも責任の多くはある。

そもそも、ゆとり政策だのを推進したこと、それと少年犯罪の厳罰化を遅らせたことにも大きい要因はあるな。

ゆとり政策ってなんや?教育をすべき時期に、さまざまな物を吸収できる多感な時期に、ゆとりを持たせる必要なんてあるのか???

学歴至上主義への批判があり、そこに至ったのやろーが、やり方が根本的に待ちがっとるな。

批判があるから『勉強させません』 とっても短絡的。

それよりかは、学習塾なるもんを許認可制にでもして締め出していった方が得策やと思うな。

学校で十分教育でけんから、塾でも・・・阿保かい。そもそも暗記力付ける為だけに高い金出してどないすんのん?せやったら学校教育の時間をしっかり確保して、机上の学習だけや無く体力的な教育も、創造力を付ける教育にも勢力注いだほうが一貫性があるし、全体のバランスも取れるんちゃうのん?

だいたいが、教育分野で金儲けしてここまで利益を上げているのは日本ぐらいらしいな。国が学習塾の企業に仕事を回してやってるとしか思えん。

世界的に見りゃ、東大だって低レベルでっせ。大学なんて遊び場~なんて思ってるやつらも多いのに、存在意義ってあるんか?

国内で有力と言われている大学がそんなんやのに、一生懸命に子供に金かけて、できあがるのはどんな人間なんやろね?(断っとくが、真面目に取り組んできた人もおるやろうから、あくまでも一部に対しての話。)

 

あと、少年犯罪の厳罰化は必須やな。

何やっても、許される~、たいしたこと無いっ!て思っとるから好き勝手しよんねん。

とことん厳しくしたったら、さすがにでけへんやろ。(若い奴には見せしめの計なんてエェんちゃうか?恥知らずに恥を知らしめたる方が効果的やろ)

厳しいルールを作って、適用は柔軟にする”良い加減”さが大事何やな。

だから、体罰もOKだと思うな。

悪さしたら、相応の罰を受けるのは当たり前。

人殴っといて、殴った本人が小言で済んでりゃ、そりゃ繰り返すわ。

人の痛みを知るには、まず本人が痛い目みんとわからん。だから、体罰はあっても然りやと思うんや。相手が負った痛みと同等の苦痛を与えれば良し。

ただ、それを行う側に責任は発生するし、限度を知っている人間のみが可能なんやと思う。しかも、よほどの信念・持論を持ってないと、やられた側の親からイチャモンつけられるし、周りの成すがまま責任問題にまで発展する恐れは有る。このご時世なので、やる以上は同じ考えを持つ同士は確保しておいたほうが得策だろう。んで、相手の問題点をまとめて、証拠の準備しておくことに越したことは無い。

重大な問題を起こした場合、これは子供だけやのーて、親にもペナルティを課すべきやな。現代の一般的に”あほ”と思われる親に限って、責任放棄をしたがる。んで責任を他人になすりつけたがる。そのうえ『頑張って育てたんですよ』ってなひとりよがり妄想に取り付かれとる。頑張ったかどうか結果を見てから物を言え。

だから、連帯保証人みたいに一緒に懲罰を受けなさい、ってな感じ。そうすることで、教育責任にも目を向ける可能性はアップするんでないか?

当然、教育は罰することだけや無ぅて、きっちりと育てる(人間的・精神的に)義務もある。

義務を果たさず権利だけを主張する奴らからは、そう言う類の子供しか育たん。

|

« 労働の喜びを。 | トップページ | どうなっとんか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/1910178

この記事へのトラックバック一覧です: こわひ世の中。:

« 労働の喜びを。 | トップページ | どうなっとんか。 »