« んで、続き。 | トップページ | いつぞや日本も・・・? »

2006年6月19日 (月)

労働第2弾

昨日は休みだったんで、当然のことながら家族と過ごしたわけだが。

昼過ぎに、長女の書道教室に臨むため、自転車(折り畳み。小さいの)に二人乗りして行ったんだが・・・

 

 

 

ケツが痛い。とても痛い。

なんで、そんなに食い込むんや。ペダルを漕ぐのが忌わしい。

 

んで、しまいにゃ長女に心配される始末。

長女 『だいじょうぶ~?』

かめきち『あ、アカン。痔になりそうや・・・』

長女 『痔って痛いの?痛いとできるの?あはははは』

いや、マジで笑い事じゃないんやが。

 

 

 

まぁ、そんなこんなで書道教室もきっちり終わらして、帰路についたわけだが。

 

 

 

 

なぜか・・・

夕方前に、奥方は、奥方の両親とどっかに行ってしまったので、長女・長男と過ごさざるを得んようになった。

今度は、約3名で買い物へ。また自転車に乗ってGo!

娘が書道教室で頑張っっとったからな。サンダルを買いに行くことになったわけや。

 

娘いわく、【女の買い物】。

その”女の買い物”につき合わされ、なぜか息子も普通にお菓子買ぉてるし。

  

ま、その後家に帰って、家の草むしりを開始。

   娘、ノリノリ。

   息子、だらだら。

ひとまず、娘はきっちり働いてくれよったし、息子は言うても2歳やし。まぁ、良しとするか。

 

 

 

んで、今日の苦言。

子供たちよ、

大勢の前でワシを、苗字に”さん”付けで呼ぶのはやめてくれ。

なんか、『新しいお父さん』みたいで、とてもイヤなんですけど。(これはすべて奥方の影響下にあるゆえ。奥方はワシを苗字でしか呼びません。10年間も。)

|

« んで、続き。 | トップページ | いつぞや日本も・・・? »

コメント

あはは、苗字に“さん”付け、ある意味「北の国から」の
「純に敬語を使われるお父さん」みたいな気分でしょうか?
そういう我が家も主人が結婚しても、わたしを苗字+チャン付けのままですから、他人事とは思えませんね。主人は、恥ずかしいというのですが、奥様も照れ屋さんなのかな!?

投稿: とちをとめ | 2006年6月20日 (火) 19時01分

一回だけ『お前、照れ屋やろ~』って聞いたら・・・
『じゃかぁしいんじゃ、ボケェ!!』とゲンコ食らいました。
それ以来、その話題は振らんようにしてますねん。

とても照れ屋には思えん。

投稿: かめきち | 2006年6月21日 (水) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/2293581

この記事へのトラックバック一覧です: 労働第2弾:

« んで、続き。 | トップページ | いつぞや日本も・・・? »