« 監視される家。 | トップページ | 自治会。 »

2006年6月10日 (土)

スイスなのね。

いま騒がれているシンドラー・エレベータ。

それにしても、会社側の答弁を聞く限りでは国内企業だろうが、外資だろうが どこの国も一緒やな、と感じる。

エレベータという、普段何気なく使っている装置が、こんなにも安全軽視であったとは、憤慨どころか呆れるばかり。

新聞記事を見ている限り、膨大な件数の事件が発生しているにも関わらず、なんら抜本的な改善を行わなかった企業。それがシンドラーなんやな。

以前にも書いたように、企業組織としての売上・利益追求には邁進しておいて、利用者には背信行為。

なんともお粗末な対応。

とても健全な組織には見えん。

少なくとも、複数の事故事案が発生した段階で、予防措置なり、総点検を行うのが組織として永らえることだと理解できなかったのだろうか?信頼が必要な業界だと認識していなかったのだろうか?

世界トップシェアかなんか知らんが。

傲慢さが露呈したんだろ。

少なくとも、事故を未然に防ぐための措置は一切取っていないようや。

 

しかも本社の社長殿は、「毎日7億5千万人の方にお使いいただいている。シンドラーのエレベーターは業界の高い水準で設計されている」などとコメントしていたが・・・

アホか。

と、言いたい。

業界の高い水準と、あんたらが自慢げに語っている装置で人が命を落としたんやぞ。高い水準で設計?じゃ製造レベルが低いンやな?

そもそも、その前に言うべきことは無いのか?

まずは謝罪だろ。そしてあんたらならすべて把握している内容を、さらけ出せよ。って言いたい。

全国の設置場所を国土交通省が開示を求めたが「個人情報にあたる」と提出を拒んだ。

設置場所の報告に、個人情報が存在するのか?契約・売り先は間違いなく法人だろうが?

って言うか、国交省もそれで一旦引き下がるとは、さすがはお上。真剣さの微塵も感じさせない。

 

乗って安全が当たり前の装置で、あってはならない事件が起こったわけだから。すくなくとも何か起きたら利用者側はどうしようもないわけだから、製造責任を持つ組織は、最大限に設備点検・補修にコストを配分するべきなんや。

シンドラーが14ヶ月以上保守をしていないエレベータで起きた事故の原因を解明し、真相を明らかにすることが第一であると考えており、そのため弊社の技術者、保守員が現場検証に直接協力するなど、捜査当局による捜査に全面的に協力しております。シンドラー製品の中には、弊社が保守を行っていない製品があります。それらの製品を含めて、シンドラーが提供している製品に対し、必要な全てのサポートを引き続き提供いたします。」

ほう、”保守契約が切れたエレベータまで、わし等は責任負う必要がないやん”、と言いたいンやろうな。保守契約でお金もらわな責任持ちまへん、って感じやろな。保守契約をせん管理者も責任の一端があるだろうが、買うだけ買わせて、「後は知りまへん」って命に関わる装置を作る会社の倫理観としては最低の部類だろう。

”保守を行っていないものも含め、引き続きサポート” ???あんたらの言うサポートって

「じゃオーナーさん。不良箇所が無いか見ますね」

「問題なし!でしたよ。わが社のは最高水準ですから(^。^)」

 

「・・・さぁ、吉田君(仮名)。いつもどおりに報告書を書いて」

「装置の不具合はどう書きます?課長。」

「そうだな。「順風満帆」とでも書いといてくれたまえ。これでわが社も順風満帆だ。ハッハッハ。」

「そうっすね~。また寸志もらえそうっすね~。アハハハ」

やろ。こんな会話が交わされていたに違いない。

 

 

今回の痛ましい事故となった住宅を管理する住宅公社にも、トラブルを未然に回避しなければならない気持ちにはならんかったし、危機感を感じる公社スタッフは皆無だったようやな。

国交省に至っては、ここぞとばかりに対応をきっちりしているように見せているが、実際は監督官庁なのはお宅やで。監督もでけん省庁は象徴でしかない。こんなに情報をダイレクトに伝えられる環境が今の時代に有りながら それを活用しないお上。偏った人間ばかりが横行し、民の意識を持ち得ない組織の塊に過ぎない。

シンドラー、公社、国交省それぞれが共謀した殺人と見られてもおかしくない。

いい加減、正常な判断を持ってくれ。

お願いだから。

人生のエレベータを作るのはやめてくれ。

|

« 監視される家。 | トップページ | 自治会。 »

コメント

シンドラー社のニュースを聞いていると、
ちょっと前の耐震偽装事件を思い出します。
人こそ死んではいないものの、
責任の擦り付け合いなんてそっくり。

無様な大人たちの姿を世の子どもたちにいくら見せれば気がすむのでしょうか。

昔のT社の謝罪会見のように、潔く責任を認めてほしいものです。

どうせ散る花なら。

投稿: kakki | 2006年6月18日 (日) 15時10分

引き際、散り際の潔さ・・・結局は人間保身に走ってしまうからどこも似たような言い訳しかでけんのでしょう。

子供への影響を考える立場に居るkakkiは、歯がゆいと思うゎ。

投稿: かめきち | 2006年6月21日 (水) 19時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/2159701

この記事へのトラックバック一覧です: スイスなのね。:

« 監視される家。 | トップページ | 自治会。 »