« あ、あかん | トップページ | 新品。 »

2006年9月22日 (金)

違憲に意見。

うーん・・・。

良くワカラン。

君が代唄うのも、国旗に向かって起立するんも、そないに嫌なもんなのかね?

義務やら権利やら、聞いてて阿保らしゅうなるような中身やね。

 

 

 

別にエェやん。って感じ。

自分の信念がありゃ、別に唄おうが、立とうが別に構わんと思うんやが・・・。

しかも卒業式で生徒の前でやっとるんやろ?

ただの駄々っ子やん。

ガキじみたことしよるね、先生も。

自分の思想やらと言うが、教え子の前でそんなん押し通すほどのもんかね?

ただ、自分の存在意義をアッピールしたいだけなんやなかろうか?

そんな疑念さえ持っちゃうよ。

 

そもそも、自分の授業では『言うことを聞け~』的なことを言うてるに違いない。

しかも、指導要綱にしたがって。

その要綱にも疑いを持って取り組んでいるんでしょうか?先生方は。

 

国歌・国旗を戦争に結びつけるイメージが強すぎるからこうなるんやろーなぁ。

国が戦争を起して、それがらが軍国主義の象徴であるから国歌も歌いませんと言うが、国家の情報操作があったにせよ、勝った勝ったで常勝気分になって人を殺めていった、少なからずとも国民にも責の一部はあると思うで。

だからこそ、国歌斉唱も、国旗掲揚も反省の気持ちを持って望めば良いのでは無かろうか?

そう言う概念の方が、筋道通っとるように思うな。

自国よりも、苦しめられた国・人のほうが多いンやから。

 

 

別に自分の(政治的・思想的)観念を曲げることもないやろが、裁判するほどのもんでも無いと思う。

信念が確固たるもんやったら、式の場でやらんともっと別の場所で意見を、考えを述べられるはずやと思いませんか?

 

そもそも、そんなことに裁判所を使っちゃいかん。

もっと重大な物事、いっぱいあんのに。

そう考えると、自分しか見えとらんのやろね。

|

« あ、あかん | トップページ | 新品。 »

コメント

久々にコメントさせてもらいます(^Д^)

私は、「愛国心」には賛成です。
日本の文化というものが、諸外国の文化の流入によって、若者たちの間では曖昧になっています。
そんな中、日本という国を愛し、日本の文化を愛する心が失われつつあるのでは・・・なんて、数年前から言われていることを確かに考えています。
これはやはり、現実ではないでしょうか。
だからというか、せめてというか、国歌を歌い、国旗を挙げ、この日本で、日本の教育を受けられることを幸せに思ってほしいなという気持ちです。
(なんてハッキリ書きすぎたかな・・・)

教師自身が、指導要領に対して疑問をもっているのは確かです。この国の教育制度はまだ、机上論にとどまる部分が少なからずあるのです。
現場の声が届かない。政治と一緒ですね。
と、話がそれてしまい申し訳ない(; ´Д`)

投稿: kakki | 2006年10月23日 (月) 22時48分

Kakkiさん おひさコメントにthanks!

現場のナマの声を聞かせてもろて、なるほどと考え直させられる部分も多々ありました

信念なり、先を見通し考えを持っている先生方には、それを通していってもらえたら・・って思います

現場の声ってなかなか、上に届かないんよね。

それを理解している政治・会社の上層部・教育行政のトップと言われる立場の少なさに危機感すら憶えますゎ

投稿: かめきち | 2006年10月24日 (火) 20時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/3541300

この記事へのトラックバック一覧です: 違憲に意見。:

« あ、あかん | トップページ | 新品。 »