« 長崎の事件。 | トップページ | かる~く。 »

2007年4月21日 (土)

言葉の重み。

言葉っちゅーんは、心のこもっているか否かで受け止め方は変わる。

言葉を”道具”としてしか使っていないのであれば、どんなに良い言葉も

色あせる。相手に届かない。

自分に都合のいいように、または自分側に誘い込むためだけの情言葉は、

狡猾にさえ感じる。

 

 

薄っぺらい言葉はいくら重ねても、重みのある言葉ひとつには到底勝てない。

 

 

話術が秀でていても、それはあくまでも議論やビジネスの場で有効なだけであって

本当に人を動かす、気持ちを共にするとなると「?」やねんな。

聞いている側は結構引いてまう。気持ちいいのは言っている本人だけ?

大切なものを見誤って、失うものも大きいかもね。

 

 

聞えのいい言葉を並べるよりも、ヘタクソでも気持ちを伝えようとする

言葉のほうが受け止めがいがあるってもんや。伝わるもんもチガウで。

|

« 長崎の事件。 | トップページ | かる~く。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/6165003

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の重み。:

« 長崎の事件。 | トップページ | かる~く。 »