« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月27日 (水)

アメリカの決議って。

アメリカ下院で決議された慰安婦についての決議
 
 
アメリカっちゅー国は、妙に正義感を誇示したがる国民性を持っている
※これは別に卑下する意味ではなくて
 
自分らが犯してきた罪深さを、なんとか昇華させたい そんな深層心理ゆえか
 
「正義を振りかざす者ほど、悪事を重ねている」byひろ
 
けして、受け入れてはならない、日本は。
 
それは他国干渉に他ならない 不当干渉とも言えるな
 
 
同じく先の大戦で、ドイツがユダヤ人に対して行ったホロコーストについて
現在、一切こんな下らない干渉なぞ無いではないか?
 
それはドイツの戦後の振舞が成熟国家としての取り組みがあったためで
日本は未成熟であったため、そこにつけこまれたんやろうな
 
  
 
 
 
 
--------------------------------------------------------------------------------
[ADVERTISEMENT]
http://kounodanwa.com/
[コメント]河野談話は主語を欠く曖昧な談話です。そのため日本政府にも韓国政府にも有利に援用できてしまう実に政府見解として不適当なものと考えます。そしていやしくも河野談話は一切の客観的根拠に基づくことなく,聞き取り調査のみに依拠して作成されたという事実が明らかになっています。
態度を不明確にして問題を棚上げし,そのツケを子供たちに残すのですか?子供たちのためにも明確な政府見解を打ち出すべきです。
 
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/1917/
[コメント]日韓関係を考える上で必ず役立つリーディングケースです。日本の被害者家族は今でも被害に遭われた方の帰りを待っています。
(cf. イザ!のhuhuhuさまの関連エントリ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

北朝鮮IAEA受入について。

所詮、うわべだけの物事の推移しか、報道では分からへんわ
 
・本当に北朝鮮が今の狙っている終着点は?
・アメリカが思う決着点は?
 
昨日の読売テレビ(関西ローカル)「たかじんのそこまで言って委員会」で
同様の議論があったんやが、ポイントを書くとすれば
・アメリカは結局、現政権の実績としての2国間協議のある
            程度の推移ができればよしとするだろう
・北朝鮮はブッシュ協和政権のうちに、ある程度の決着点まで
                         持っていっておきたい
 
なんだなと、改めて感じたわ。
 
もう、アメリカの外交政策に乗っかった「おんぶに抱っこ外交」は即刻断ち切ってほしいな
日本は、日本独自の外交政策を打ち立てておくべき
 
その為には、日本独自の諜報機関の設立、
          情報処理機関の設置が必要
国内にはたくさんの有能な人材は眠っている 国を守るためであれば
ぜひともこの辺りの検討と、法的諸問題の解決をスムーズに、かつ
スケジュールを策定しそれに則った政策立案をしてほしい
 
いまの自衛隊における情報漏えいや、警察関係者のそれらが発生する根本原因は
「守る使命」の欠如 にあると言うても可笑しくない
 これは、それに従事する人間の使命感などではなく、国家として
 「国を守る」「国民を守る」と言うスタンスを、あやふやにしてしまっているからに他ならない
 
使命感と言うのは、国家の方針、そしてそれに伴う諸政策が明確であるからこそ
おのずと従事する人間にも浸透するのであって、指針無きスローガンでは
誰も使命感など持ち合わせることはできない
 
情報漏えい事件が発生すると、”管理能力””個人の資質”を問うことは多いが
欠如し退化した「国家使命」を問うことはほぼあり得ない
国家のスタンス次第で、自ずと変わるんや。しょうもない事件も発生する可能性は
低くなるし、たとえ管理を厳格化し、祭用条件を見直したところで、トカゲの尻尾の
ごとく発生するのがオチ。
 
言わば国家スキームさえ”国益重視”を明確にすれば、前出の情報・諜報機関を
設立しても問題発生は抑えることができるはず
※当然、国家存亡にも関わる人間の行動規制のため懲罰の重罰化は必要だが
 
もう、この国は独り立ちが必要とされるだけの災難が降りかかってきている
 
少しでも早く、超法規的措置も駆使し、この国難から脱出させるべきではないかな?
 

 
 
 
 

--------------------------------------------------------------------------------

[ADVERTISEMENT]
http://kounodanwa.com/
[コメント]河野談話は主語を欠く曖昧な談話です。そのため日本政府にも韓国政府にも有利に援用できてしまう実に政府見解として不適当なものと考えます。そしていやしくも河野談話は一切の客観的根拠に基づくことなく,聞き取り調査のみに依拠して作成されたという事実が明らかになっています。
態度を不明確にして問題を棚上げし,そのツケを子供たちに残すのですか?子供たちのためにも明確な政府見解を打ち出すべきです。
 
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/1917/
[コメント]日韓関係を考える上で必ず役立つリーディングケースです。日本の被害者家族は今でも被害に遭われた方の帰りを待っています。
(cf. イザ!のhuhuhuさまの関連エントリ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月21日 (木)

無駄大国「日本」。

今の日本国内を見てると、非常にデリケートっちゅーか、なんでもかんでも
”きれい”であったり”ちゃんとした”もので無かったら許容できない状況に
陥ってるんじゃないやろか?

食品について言うが
賞味期限ひとつとっても厳格に定められていて、本当ならもう3~4日、
いや3ヶ月・半年経っても食べれる食材が、表示されている日にちを
過ぎた段階で「捨てられている」現実

生ものは別にして、賞味期限なんて"あってないようなもの"と俺は思う。
食べれるか、もう無理か の判断は、見た目・におい・味見でだいたい
分かる。 それを・・・・
  ・賞味期限過ぎたから廃棄する
  ・賞味期限長いのから買おうとする(1日違うだけのモノでも)
  ・賞味過ぎたものをラベル張替えて売ったらアウト
ってか、かなり勿体無くないか?そんなに食が溢れて仕方が無いのか、この国は?
流通業にしろ、製造にしろ、消費者にしろ 全てが頭に毒が回ってしまっている
そんな気がする今日この頃。もっと大事なものに目をむけや。

食材が食中毒を起こすような環境で作られるのは、これ問題。
けど、食えるものを捨てる行為も、また問題やと思うんや。

賞味期間過ぎてもさ、食えるものがほとんどを占めてる
って事は・・・スーパーなんか賞味期間前に見切り売りは当たり前やけど
「賞味期間過ぎた缶詰 10円!」
で売っても良いと思うのね
何も売ったらアカンっちゅーもんでもないし、それで喜んで買っていく
消費者もいるはず(俺はそうだ)

スーパー等の小売業も、隠して偽装するばかりじゃなく、上のように
おおっぴらに売る手段を持っていいと思うんやけどな
最初は受け入れられなくとも、全体が一丸となれば啓蒙の意味が
大きいのさ。

賞味期間の定義
~賞味期間を過ぎた食品は、食品の資質を失うというものではなく、加工
調味によって十分に食べられる期間がなお続きます。~とある
食えるじゃないか!!!(消費期限は傷み易いものが対象なので、除外するね)

あと、体に悪影響は無いのに、表示と違うもんが入っているから不正/犯罪と
祭り上げられるのもかわいそうな気がする。
別に食うてウマけりゃエェじゃないか?牛肉言うて豚肉混ざってるから
と言って腹こわすか?加熱食品やで。
そんなもんにいちいち気まわさんでも、添加物もろもろで、すでに体は
蝕まれているから大丈夫だ。綺麗な食材ほど、こんなもんよ。
そっちの危険性に注目するほうが、ナンボも意味あると思うぞ。

 ~見た目に騙され納得してる・・・そんなことが結構多い~
       ~真実を知ることが、全てじゃない~


もう一度、自分の食生活の「無駄」見直そうぜ!日本国民。






--------------------------------------------------------------------------------

http://kounodanwa.com/
[コメント]河野談話は主語を欠く曖昧な談話です。そのため日本政府にも韓国政府にも有利に援用できてしまう実に政府見解として不適当なものと考えます。そしていやしくも河野談話は一切の客観的根拠に基づくことなく,聞き取り調査のみに依拠して作成されたという事実が明らかになっています。
態度を不明確にして問題を棚上げし,そのツケを子供たちに残すのですか?子供たちのためにも明確な政府見解を打ち出すべきです。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/1917/
[コメント]日韓関係を考える上で必ず役立つリーディングケースです。日本の被害者家族は今でも被害に遭われた方の帰りを待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月12日 (火)

ブログ~

先日 分割について宣言したけども
 
 
・・・
よく考えたら
内容考えて、どのブログシステム使うか
全然アタマになかった
アホやな、オレ。
 
 
ってことで、この2日間で探そっと(-_-メ)
 
内容は着実に考えてるんで、楽しみじゃ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

そろそろ。

来週か再来週あたりにこのブログを分離解体するつもり
  
2本新しいのを立ち上げ予定
 
 
ひとつが日記系
ひとつが読解系
 
更新頻度(予定)
日記系 毎日(うだうだ書きます)
読解系1~2週間に一回(出来れば週1)
 
 
それぞれのブログに分離することで 今より内容に
統一性を持たせます

そろそろ一本目のネタ作りに着手せねば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

考えてみぃ。

自助努力の忘れた者に未来は無い
 
他者を蔑む者は人心を遠ざける
 
責任を転嫁する者はいずれ淘汰される
 
無意味な虚構ほど忌み嫌われることは無し
  
振舞を省みず漫然と生き続けることの愚かさよ
 
愚かな行為は、いずれ自分が背負う宿命となろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

変化 するな。

いまの世の中見渡せば、出てくる出てくる、無責任~ byかめきち。
 
 
・親が子供をしつけられない
・自分さえ良ければ他人はどーでもいい
・問題点を責任転嫁
・批判ばっかで、何も生まない人間・集団
                エトセトラ、エトセトラ・・・
 
 
この国はどこまで堕ちていくんだろうか(-_-メ)
 
変化の時代 といわれてるからといって、生活の知恵や
伝統まで変えてよい というものではない
 
日本人 豊かになれば 心貧しく~ byかめきち
 
生活は豊かになれば、その反面堕落していくのか
かつてのローマ帝国がそうであったように・・・
彼の国は政治だけでなく、国民さえも腐敗し、滅亡の道を
辿っていった
日本も拝金主義&無責任集団に侵され滅亡していくのか?
  
自分の発言に責任を持てず、聞えのよい言葉だけを発し続ける
政党しかり、子供が犯す罪悪を叱りつけることさえ放棄した親
自分の至らなさを他に押し付ける輩ども・・・
 
憂いを抱いているだけでは何も変わらないな
 
何が出来るのか そこから始めなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

甘い!

李登輝氏が来日し、講演も行っているが・・・
 
結構きっちり伝えてるマスメディアって少ないよな。 
 
李氏ほど、台湾の国益だけでなく日本のことも
考えている方も少ない
 
もともと日本にも留学していたこともあろうが
日本に対しては並々ならぬ思いを抱いているようや。
  
>去る5月30日 東京都港区の国際文化会館で同日
>行われた初の記者会見で李氏は、「日本と台湾は生命共同体。
>台湾にいったん何かあればすぐ日本にも響く。台湾海峡問題は
>日本にとっても大きな問題のひとつ」とした。
 
>「これからの日本は人的なリーダーシップを創造していかなければ
>ならない。がんばってください」
 
これだけやのーて、李氏の著作にも日本に対しての想いや
政策に対して思いの丈を述べておられる
かの愛した日本の国士たちに思いを馳せ、今の日本の政治に
憂いを抱いているゆえの発言ではなかろうか?
 
李登輝氏の言うとおり、この日本はけして安泰安全な国土ではない
ひとたび中国が台湾を攻撃するとしたならば、確実に日本領土も影響を
受ける(中国と台湾が空戦をおこなったならば、竹島が衝突点となり得る)
領土拡大や植民地を目的とした戦争は起こらずとも、生き残りのための
戦争(北朝鮮)、難癖を付けて大義名分を振り翳し、資源締め付けで
戦争を起こさせる方向へ持っていくという可能性もある(第二次大戦と同じ手法)
 
  
憲法9条の改正を”改悪”と叫び、阻止せんとする共産系の輩が
いるが、なぜに改正=改悪なのか?
憲法第9章96条にも書かれているが、改正は憲法に於いても
認められる権利なんや これもひっくるめての憲法尊重であるべきで
それを蔑ろにし、自分らの思い通りに情報操作する彼らの存在とは?
 
日本は、もっと本当に国益にかなう相手と付き合うべきやろ
中国ばかり見て、台湾をおざなりにするべきやないよな
中国なんてプロパガンダの塊で、自国のためなら他国がどうなろうを
知ったこっちゃ無い・・・そういう国民意識はあると推測できる
 
日本人は、マスメディアの報道を鵜呑みにせず、もっと真実に
目を向けるべき(自分も含め)
日本のマスコミで、比較的本質突いてくるのは産経ぐらいやろうか。
朝日・毎日なぞ、創○や共産系に侵されとるからね。残念やけど。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月 4日 (月)

自分自身から。

周囲の環境を変えたいのなら
まず自分から変わらなければ
 
雰囲気が悪いのなら
自分が楽しく、そして笑顔で
 
頭で分かっていても
なかなか実行できない
 
いろいろなストレスや鬱憤
理由はたくさんあったとしても
 
それを乗り越えたときに
新しい明日が始まるんだ
 
 
  
自分に、そう言い聞かせつつ
サンセット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

書きまくり。

今日は5件も記事を書いたけど
 
けして宗教チックなもんではないので
悪しからず
 
 
脳裏に出てきたイメージを
そのまま文章にしたに過ぎない
 
思いの丈を語ろう。Oh Yeah!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何かに・・・。

頼ることは容易い
 
しかし自分を信じて突き進むのは
困難を伴う
 
達成できれば喜びに満ち溢れ
できなければ、次を考えろ
 
自分の生き方は
自分が決める
他者によりかかる人生なんて
楽しくない
 
自分で光を見つけろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜びと悲しみ。

喜怒哀楽。
 
それがあるから
人間らしく生きられる。
 
 
喜びあれば
打ちひしがれる事もあろう
 
それが人生
 
山アリ谷アリ
楽しいやんか
 
後で笑えれば
それでいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生き方。

人の生き方 まさにそれぞれ違う。
 
カネを重視するものも居れば

人生を重視するものも居る
 
それぞれは、それぞれの価値観で行動する
 
多種多様であっていい
 
何を求めるか
 
何をしたいのか
 
それから始まる。
 
人生、いろいろあっていい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何かを・・・。

もし
自分で何かをやり遂げたい
そんな気持ちがあるのなら
ぶつかればいい
 
今のステージでやるも良し
別のステージでやるも良し
 
決めるのは自分だ
 
迷うな
まずは行動よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱。

俺は弱い。
 
弱いから立ち向かう
 
立ち向かうから壁ができる
 
壁が出来るから乗り越えたい
 
乗り越えるためには強さがほしい
 
乗り越えられたら強さをひとつGET
 
そうすれば一回り大きくなれる
 
人間、その繰り返しで生きていく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

楽してるだけやん。

いまの世の中、大人社会なんて汚れている
なんて声があるけども
 
もともと汚れてるもんやろ 生きていくために。
  
 
問題はそれを理由にこじつけて、子供の犯した
罪・問題を、それに繋げようとする保護者。
 
これには嫌悪感を抱いてしまうわ
 
悪いのは
世の中じゃなくて
親 です
  
責任転嫁なんて、醜いことはやめにして
自分がどうなのか、を知りましょう。
 
子供の犯す問題は、そこに原因が結構多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »