« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

デジタルばかりが能じゃない。

新聞記事からの引用>>
 
欧米に遅れる教室IT化 e-黒板、導入進まず
≪「一斉学習」など壁≫
 黒板とチョーク。世代を問わずある種の郷愁も誘う学校の教室風景が大きく変わろうとしている。
教育現場へのIT(情報技術)導入がそのキーワードであることは言うまでもない。しかし、日本の
場合は画一的な教室設計や教師1人が同じ教室で多くの生徒を相手に指導する伝統的な「一斉
学習」方式、さらに教育制度が“壁”となり、欧米に比べ大きく立ち遅れていることは否めない。

 教室環境の点で注目されたのが、パソコンとプロジェクターを接続し、黒板にはり付けた電子情報
ボードでパソコン画面やデジタルコンテンツ(情報の内容)を操作できる「e-黒板」(電子黒板)だ。
9日には会場内で実際に生徒を対象に公開授業が繰り広げられた。

─────────────────────────────
以下かめきち。ブログ>>
IT化を否定はしない
 
けどね、やっぱり黒板を目の前に先生がツラツラと書き記し
生徒が、教壇の上に立って解答を手書きする良さも忘れては
いかんよな
パソコンやったら分からん字があっても、調べりゃ簡単やから
頭に入らんことも多いけど、手書きすると脳ミソに焼き付かせる
良さがある だから大事なんよ

記録する、迅速化する、ネット接続でさらに突っ込んだ資料に繋ぐ、
記録内容をプリントアウトし資料化する・・・
こんなところは非常に有益なんやろうと思うわ

教室のIT化だけやのーて、電子教科書※なども言われているが
目の前の先生の言葉や動き、教え方を見るっちゅーのも
いろいろと勉強になるからな、せやからアナログなんも必要なんよ

このあたりのバランスをどう取るのか、片側に偏っては悪い面も
出てくるから、今考えられることを盛り込んで実用化していけば
いい。そして、必ず諸問題が明らかにならば速やかな対処が
できる体制を創っておくことも、並行して進めるべきよ。
それがないと、今の教育問題と同じような状況に陥ると思うわ


※電子教科書・・・教師が生徒の手元にあるパソコンに教材をとばして、
その画面上で絵を動かし、解き方を解説するようなことが可能になる。あるいは、
確率の授業なら、サイコロを転がすシミュレーションを用意して、千回振るとどういう
結果が出るのか、といったことを各々の生徒に体験させることができます。
(引用:日経パソコン/『プログラミングのある生活』兼宗進著)


Commented by K さん
 

かめきち。さんの投稿に同意します。
>解答を手書きする良さも忘れてはいかんよな
ひどい状態になると、書くのが面倒だからプリントを配れっていうんですよ。
プリント配っても、読まないでしょう。
 
どうも、欧米に比べて遅れているといったニュース記事を読むと、
子供がオモチャをねだるときのイイワケに見えます。
・・・だって、みんな持っているよぉ。だから買ってぇぇ。
********************************************************
Commented by かめきち。
Kさん  コメントくださって有難うございます~
 
>hirokazu3000さんの投稿に同意します。
 こちらこそ恐縮です<(_ _)>
 
>ひどい状態になると、書くのが面倒だからプリントを配れっていうん
>ですよ。プリント配っても、読まないでしょう。
 んな戯言ほざくヤツは読まないですよ!絶対。ただ文句言うて
 困らせてる駄々っ子ですわ(-_-メ)
 
>どうも、欧米に比べて遅れているといったニュース記事を読むと、
>子供がオモチャをねだるときのイイワケに見えます。
>・・・だって、みんな持っているよぉ。だから買ってぇぇ。
 
何でもかんでも欧米中心に考えるのは、いささか疑問ですよね
そこに『日本文化の良さ』『これまで培ってきた指導方法のよさ』が
この記事ではおざなりにされてしまっている そう思います
 
日本は良い部分を吸収する特性を持っている、これは誇れる特長ですが
今の国民の多くの一部には、それだけを偏重し、"良きものは残す"と
言う「守る心」を忘れている気がします

***********************************************************
Commented by ひかり さん

こんちわっす。
いやその通りですね~。
最先端を進むのもアリだとはおもうんですが、必ず対局として旧タイプの教育をするべきだと。ソフトとハードと言うか。
 
機械って便利だけど冷たいじゃないですか。こうやって話すのではなく、機械だけだと決められたプログラムに添った事だけだし。
 
やっぱり人の温かさを理解させてから教えるべきかなって思うんですよ。
 
なんかいつか子供達の心に無機質な文字の羅列が表示されそうで少し不安です。
*******************************************************************
Commented by かめきち。
 

ひかりさーん  ようこそ陽子。
使えるところはドンドン使やエェと思いながら、そっちにばっかり
目が行くご時勢に我慢ならんのです(ーー゛)
 
>やっぱり人の温かさを理解させてから教えるべきかなって思うんですよ。
そうですよ~ 自宅でパソコンいぢっていいのは18歳から!
それぐらい、リアルな人間関係構築する方に重点置かんとアカンな~
って思うオヂサンが私ですだ

*******************************************************************
Commented by A さん
 

うんうん、そうですね。
全部が全部機械になってしまっても・・・
「辞書や資料を見て、関係のある箇所を何時間かけてでも探して」
この勉強法、昔は凄くめんどくさくて嫌だ、と思っていたんですが、
苦労して見つけただけあって、本当に覚えているんですよね。
今でも、線の引いてある辞書を大事に持ってますよ。
IT化してしまったら、重要語句覚えるのに丁度いい先生の冗談も聞けなくなっちゃうんだろうなぁ。
もしかして、集会とか先生のお話とか注意事とかもなくなっちゃうのかなぁ・・・
*******************************************************************
Aさん  まいど!
 
>「辞書や資料を見て、関係のある箇所を何時間かけてでも探して」
>この勉強法、昔は凄くめんどくさくて嫌だ、と思っていたんですが、
>苦労して見つけただけあって、本当に覚えているんですよね。
 そうなんですよ!やっぱり自分で調べて、書いて、憶える。
 ここの大切さを、大人が分かっとかんとアカンって思うんですわ!!
 教育方針を決めるのも、法を決めるのも大人。自分らが教えられて
 きて、"ためになった"って思うことは残してほしい
 
>IT化してしまったら、重要語句覚えるのに丁度いい先生の冗談も聞けなくなっちゃうんだろうなぁ。
 そんな話の合間のジョークが、人間関係を創るひとつの方法でもあるし
 ベタでもえぇから、"人間らしく"生きてほしい
 そこから学ぶこと、まだまだ多いはずやから って思いますー

********************************************************
Commented by ひかり さん
 

こんばんは。またきました。きのした。
パソコンいじっていいのは18から!
これ俺もまったく同じですわ!!
【iza R-18】なんてエントリもやったくらいです。
軽く荒れてますが。
子供たちにまずは電子熱より肌の温もりを知ってほしいですよね。
それからですよ、ネットは。ではまたきます。リカルド・マルティネス。
*******************************************************
Commented by かめきち。
 

ひかりさん いらっシャイ(な俺)
でしょ!子供が遊び目的でパソコンいじるなんて、許容でけん~!!
それを平気でさせてる親が腹立つんすよー。
真面目に何かを知るため、勉強するための使用は意味あるんですけど
小学生が出会い系やら、変なサイトに入って悪さするなんて、「親も
えらい放任主義でんな~」 って嫌味のひとつも飛ばしたい

********************************************************
<総括>
書いていて感じたが、日本は明治維新の頃から良きものは残し
異文化の素晴らしきところは積極導入し、そぐわぬ物は排除しつつ
異文化そのものを日本的にしながら歩んできた
今回の記事のように、欧米至上主義的要素を含んだまま、デジタル化を
推し進めれば、必ずや弊害も出よう
導入することが悪とは思わないが、その使い方、使う人間の精神的醸成
レベルを鑑みながら行わなければ、ツールそのものが日本文化の良識的
側面を打ち消していくように思う
 
年齢制限しかり、使う場所の限定であったり、相応の環境をも整備しながら
推し進めるが肝要やろうな、と思う。
ツールと言うのは人間にとって有益な存在でもあり、かたや使い方を間違えると
凶器にすらなる

デジタル社会の名の下に、デジタルのみを崇め、今まで培ってきたアナログ要素を
おざなりにしてしまう事は、愚行であり歴史に対する背信行為とさえ思う
 

ただ・・・
ひとたび、そのツールを最大活用したときに導き出されるパワーは図り知れん
それだけの根っこを日本人は持ち合わせていると俺は思うし、それを最大限
活かせる環境づくりは、急務やと思う。

ひとこと
デジタルと ほざくヤツほど 頭 アナログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参院選の愚。

本当に、この参院選はあまりにも愚の骨頂やな、と感じる
今に始まったことではないにしろ、聴衆に、国民に訴えかける
ポイントがズレまくってる

本来語られるべき問題点がおざなりにされ、センセーションにマスコミ
報道されるポイントについてのみ、非難の応酬、弁解、机上の論理に
終始しすぎなんやな。

本参院選の民主党のネガティブキャンペーンは、奏功している
自民党は防戦に追い込まれ、楽観できない状態が続いている

「ただ」と、問いたい。
ネガティブキャンペーンにおける、相手陣営の弱体は奏功すれど
それを展開している民主党の、政策イメージが全く見えてこない
いや、語られていない。相手の非は大きく見せながら、自らは
「我々は、国民の味方」と言い続けているが、これを実現するための
プロセス・イメージが無さ過ぎる。彼らは本当のところ何も考えていない
と決め付けてしまいたいぐらいやで、ホンマ。

1.実現すべき目標#
      ↓
2.#目標実現のための施策明示/姿勢の明確化#
      ↓
3.#それに伴う益的要素・害的要素(増税/負担増など)の明示#

      
と順を追って説明し、有権者に問いかけていくべきなのだが
今の野党を見渡すと、1.で止まってしまい、それ以降の明確な
説明を有権者に聞かすことを為していない。
「理想的主張」が「目標」に置き換えられているんや
だから実現性を伴わない、”絵に描いた餅”状態にしか感じへんのや

おそらく、彼らは国民を一段下げて見ているんやろうな。
「政治姿勢を熱心に説明するより、
 歯の浮くような目標や他勢力批判のほうがウケがいい」

これまで国民はバカだ!と言い続けてきたが、政党もバカや!
だから、馬鹿らしい訴求しか出来ひんのやと思う
(※これまでと変わりなく、真意の定かでない訴求に左右される国民は
 相変わらず馬鹿だと思ってるが)

いい加減、国民を愚弄する選挙はやめるべきだ
本来国を創りあげ、磨き上げるべき政党/政治家がこのザマでは
ロクな結果しか生まない 国を滅亡の道へ進める愚かな行為は
断罪されて然りと思っている


今回の記事は↓を元に、俺なりの言葉で書き上げてみた
以下は、他のブログの方たちも取り上げることの多い、田原総一郎氏が
日経BPに挙げておられるコラム

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070726_21th/index.html
確かに田原氏の思想からは意外さを受ける論点で書き綴っている

少なくとも、この参院選の結果が出てからでは遅いんだ
いま気付き、何を選ぶべきかは聞こえのよい言葉だけで選択すべき
ではないんや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

ニート&フリーター

別ブログでのやり取りを、校正して呈します
ちなみに頂戴したコメントは全て同一の方からのものです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
かめきち本文>

フリーターにしろ、ニートにしろ"根無し草"やな~

ただ漂い続け、あてのない放浪のようだ

しかも、その理由を問えば「自由でいたい」
「社会に希望が無い」と言った理由も多いわな

とりわけ、この手の人間は「守るもの」が無いからだ

守られているから、守る意識が芽生えんのや

自分が自ら動き、自分を磨き、伸ばそうとする
気概が無いんだろう


フリーターの中には、様々な職種に携わり自分の持つ
スタンスを実行している人間がいないわけでもない
そういう、「意味のあるフリーさ」は良いんや

意味も無く、理由に筋も通らずのうのうと生きていることが
全てか?他に言い訳をつくりそれに甘んじることが自分にとって
「ベスト」なのか? と彼らに問うてみたい思いやな


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
頂いたコメント1>

 実は俺はニートとフリーターを一緒くたにする事に疑問を覚えるのです。
まぁ、バイトで雇ってもすぐにバックレるフリーターもいますし、余り保障の
薄い雇用形態を肯定するわけじゃないんですが、ニートは働かない無職で
あるのに対して、フリーターは(人にもよるけど)カネを稼ぐという最低限の
社会行動をしているからなんですよね。
実際、家族が出来た時にフリーターでは不安ですが、ニートは妻をもつ事も
出来ない、という差は大きいな、と思うんですよ。
まぁ、中には仕方なくフリーターの人もいますしアレなんですけどバイトは
バイトなんですよね。
社会的信用も低いですしね・・・。 うーん、難しい問題だ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かめきち返信1>
 ふむ。○○サンの言うところも理解できる。
自分は、どちらにしても浮き草のごとくフラフラしてる輩が
いると言う前提で書いてしまったので一緒くたにしちゃった。
全体的な捉え方をすれば、○○サンの言う区分はなるほどな、
と思わせられ、ちょいと反省。

むかしに目にした書物だったか、自分で2年間だけと決めて働き出した
若者。2年経つ頃にはそこの社長に「このまま頑張って欲しい」と
言われるまで成長を遂げたが、結局自分の決めた道を歩んだ
そういう生き方はアリやと思うし、なかなか真似の出来るものでも
無いよなって思って、フリーターだからダメ ってワケやのーて
やはり、その働き方、人生の歩み方の姿勢に拠るやろな~って思うっす

家族さえ養うつもりがなければ、一匹狼、自分の生き方を全うするんは
格好いいな~って思っちゃう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
頂いたコメント2>
 ただ難しいのって、失業保険もらってたり、ホームページのリンクなんかで
収入のある無職って、ニートと呼ぶのかどうなのかが疑問なんすよ。どうなんだろ?
お金貰っていたらニートでは無いのかなぁ?って思うんですよね。。。
でもやっぱり親に頼るしか無いわけだし・・・。
根無し草(デラシネ)の存在には変わり無いんですが、やっぱり家庭を持つなら
フリーターも勿論ニートもお薦めできないですよね。うん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かめきち返信2>
 ニートの定義か・・・

「定職に就かず、社会義務を果たさない者」かな~?


リンクの収入なんか申告してへんでしょうし、そういう意味では
受けるサービスは享受して、義務を果たさない層を指すのが妥当かな~

めっちゃ微妙っすね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
頂いたコメント3>
 ふむふむ。

なるほどなるほど、きっとそうですね!
享受だけではいけませんよね、さすがヒロ兄。←※これ俺のこと。

何度もごめんなちゃいでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントをいただきながら、さらに深く表題の件に掘り下げることができたと
感じる フリーターにしろニートにしろ、聞こえの悪くない横文字で誤魔化された
社会義務を果たさない層なのだと実感した
当然、その中においても自分の意志を貫くべく、目標を定めて生きている人間も
居ると考えると、ひとくくりの言葉で纏めることは難しいよな、と感じた

社会義務を果たさぬものに、果たして職業訓練や何やらと国が関与する必要は
あるのだろうか?国民皆平等であれば良いが、その平等の定義は「満遍なく
職や生活水準を与える」ものであるべきとは思わない
スタートラインが平等に与えられていれば良いのだ
皆が義務教育を受け、最低限の知識/教養が養われ、その後の社会生活の営みは
各々が築き上げ、創り上げていくものだと思う
何もかも均等にするのが良いことでは決して無い チャンスが与えられれば、後は
個人の生き方だとすら思う
その中で淘汰されるも、人としての生活を送っていくのも本人次第とさえ思う

身体的/精神的弱者には国が積極的関与すべきだが、五体満足、働ける能力を
持ちながら、家族、他者に依存する存在になんら差し伸べるべき必要性を感じない

もし、スタートラインさえ格差が激しいと思うのなら、それは改善の余地もあろうが
日本と言う国は、最低限の与えるべきものは与えてくれていると思うのだが。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年7月21日 (土)

官僚について考えてみる。

脱官僚

確かに今の官僚腐敗は目に余る これまでの歴史でも繰り返されて
きたであろう内容にそう違いは無いだろうが

いま蔓延している拝金主義サイクルに、ちょうどハマってるんじゃないか

官僚は悪 の面ではなく成長に必要な面もあるのが事実

ならば、いっそのこと思いっきりスリム化して

各々の官僚が、そんな事に構っていられないぐらい多忙な状態に
置くのも一つの手ではないかな


あと、民間企業も同様だが、明るい未来(目標)が見えれば、官僚も
その手腕と頭脳を最大限発揮できるはず(仮説)

ならば、この国の成長を妨げているものを大局的視点で解決を図って
いくことも並行して考えるべきかもね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感情を抑えよ。

誰しも腹立たしく思うこと 必ずある
 
そんな時
 
一拍置いて考えてみよ
 
ぶちまけたい感情を腹に据え
 
ひと時の感情に流される無かれ
 
さすれば道は開ける

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

真紀子氏。

「自民は廃棄処分に」真紀子氏、新潟で大毒舌」  7/19産経新聞

>東大時代に首相の家庭教師を務めた自民党衆院議員から聞いたとして、
>「(首相は)本当に勉強嫌いで、頭が悪かったそうです。彼は『あれだけ教えれば、どんなに
>バカでも慶応くらいは入れたはず』といまだに悔やんでいます」と真偽不明の話を暴露。

>そのうえで、「首相は政治家ではなく、官僚や周囲を取り繕うのが得意な“お世辞家”。
>そんな人を総理大臣にしてしまった」と嘆いてみせた。

>安倍内閣の支持率急落を受け、再登板説が浮上している小泉氏についても、「アイツは
>任侠(にんきょう)です。みなさん、任侠って知っていますか? ヤクザと一緒で怖いんですよ。
>必要なくなったらバッサリ切り捨てる」と、内閣と自民党を追い出された自らを重ねて恨み節を連発。


相手の足りぬ部分を指摘するのが批判

しかし、田中氏は悪口でしかない。相手のしている事を
聴衆受けを狙って悪く言っているだけに過ぎない

歯切れの良い言葉で人気があった時代から脱却できないんだろう

相手を罵倒するのは容易い

しかしそれでしっぺ返しを喰らう これは自身が
既に経験なさった事ではなかろうか?

確かに、田中氏が小泉政権あたりに自由気ままに
発言していた当時、自分自身違和感無く受け入れていた

しかし今、田中氏の言動を見ると眉を顰めたくなることが
多い(恐らく多くの方も受けておられる感覚だろう)

歯切れの良い言葉と、勝手気ままな振舞は比例しない byひろ
(また良い言葉を残してしまった・・・)


年相応の対応を取れるだけの人間性が持てているか
昔の威光を笠に着るほど、見苦しいことは無い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

虐待親。

> 平成18年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待の件数は、過去最高だった前年度より約3000件増え、3万7343件に上ったことが11日、厚生労働省の集計(速報値)で分かった。

国は少子化だなんだと対策に頭をひねる
 
かたや
 
虐待親は、子の命すら消耗品の如く乱暴に扱っている
 
矛盾だ
 
国に将来を感じない とはよく言われるが
 
俺は、国民性に将来を感じない
あまりにも、この世に一つに命を軽く見、大切に守る心すら
失ってしまった親の蔓延に、何を思えばよいのだろう。
 
ただただ、痛い思いを受け続けている子らを思うと何とかしないと
いけない気持ちになる
 
施設の拡充か 施設と言っても少人数で全てを把握出来る
環境のものをたくさん作るべきか
 
本当は、親の愛情を一身に受けるのがいいんだが・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

律せよ、俺。

自分を律することの大切さ
 
自分は甘い 自分に甘い
 
そんな自分がイヤならば
 
自分を戒める もう一人の自分を持つことだ
  
自分が怠けたとき 感(カマ)けたとき
 
そんな自分を叱り飛ばせる 自分を持てば
 
自ずと明日が開けてくる
 
日々 人生を消化してるなら
 
一日を大切に生きたい
 
自分を強く戒めたい
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »