« ニート&フリーター | トップページ | デジタルばかりが能じゃない。 »

2007年7月28日 (土)

参院選の愚。

本当に、この参院選はあまりにも愚の骨頂やな、と感じる
今に始まったことではないにしろ、聴衆に、国民に訴えかける
ポイントがズレまくってる

本来語られるべき問題点がおざなりにされ、センセーションにマスコミ
報道されるポイントについてのみ、非難の応酬、弁解、机上の論理に
終始しすぎなんやな。

本参院選の民主党のネガティブキャンペーンは、奏功している
自民党は防戦に追い込まれ、楽観できない状態が続いている

「ただ」と、問いたい。
ネガティブキャンペーンにおける、相手陣営の弱体は奏功すれど
それを展開している民主党の、政策イメージが全く見えてこない
いや、語られていない。相手の非は大きく見せながら、自らは
「我々は、国民の味方」と言い続けているが、これを実現するための
プロセス・イメージが無さ過ぎる。彼らは本当のところ何も考えていない
と決め付けてしまいたいぐらいやで、ホンマ。

1.実現すべき目標#
      ↓
2.#目標実現のための施策明示/姿勢の明確化#
      ↓
3.#それに伴う益的要素・害的要素(増税/負担増など)の明示#

      
と順を追って説明し、有権者に問いかけていくべきなのだが
今の野党を見渡すと、1.で止まってしまい、それ以降の明確な
説明を有権者に聞かすことを為していない。
「理想的主張」が「目標」に置き換えられているんや
だから実現性を伴わない、”絵に描いた餅”状態にしか感じへんのや

おそらく、彼らは国民を一段下げて見ているんやろうな。
「政治姿勢を熱心に説明するより、
 歯の浮くような目標や他勢力批判のほうがウケがいい」

これまで国民はバカだ!と言い続けてきたが、政党もバカや!
だから、馬鹿らしい訴求しか出来ひんのやと思う
(※これまでと変わりなく、真意の定かでない訴求に左右される国民は
 相変わらず馬鹿だと思ってるが)

いい加減、国民を愚弄する選挙はやめるべきだ
本来国を創りあげ、磨き上げるべき政党/政治家がこのザマでは
ロクな結果しか生まない 国を滅亡の道へ進める愚かな行為は
断罪されて然りと思っている


今回の記事は↓を元に、俺なりの言葉で書き上げてみた
以下は、他のブログの方たちも取り上げることの多い、田原総一郎氏が
日経BPに挙げておられるコラム

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070726_21th/index.html
確かに田原氏の思想からは意外さを受ける論点で書き綴っている

少なくとも、この参院選の結果が出てからでは遅いんだ
いま気付き、何を選ぶべきかは聞こえのよい言葉だけで選択すべき
ではないんや

|

« ニート&フリーター | トップページ | デジタルばかりが能じゃない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/7302150

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選の愚。:

« ニート&フリーター | トップページ | デジタルばかりが能じゃない。 »