« | トップページ | 客にもモラルを。 »

2007年8月29日 (水)

冷静に見てみる。

>10病院に受け入れ断られ、救急搬送の妊婦流産  by産経新聞社

> 29日午前5時10分ごろ、大阪府高槻市富田丘町の国道171号交差点で、
>奈良県橿原市の女性(36)を搬送中だった救急車と、大阪府茨木市の自営業男性
>(51)の軽ワゴン車が衝突した。女性は妊娠3カ月で、別の救急車で午前5時50分
>ごろ病院へ着いたが、死産が確認された。女性らにけがはなかった。
>奈良県の中和広域消防組合によると、女性は同日午前2時45分ごろ、出血を伴う
>陣痛を訴え119番通報。産婦人科を探したが、奈良県では受け入れ先が見つからず、
>12カ所目に打診した高槻市の病院へ搬送する途中だった。
> 高槻署の調べでは、救急車は赤色灯をつけて直進。青信号で交差点に進入した
>軽ワゴン車とぶつかった。同署は双方に落ち度のない事故で、事故と死産の関係は
>分からないとしている。

県内の受け入れ先が全くなく、県外に移送せざるを得なかった現実。
「どういうことか!」 「愚行を繰り返すのか!」と言いたくもなる

が、しかし 確実に緊急性を要している患者であることは、救急隊員から
伝達された上で、それでもなお受け入れを拒否する実情とは?

・過去五年間で救急指定病院は1割減少し、全国で4644施設となっている
(引用 読売新聞2007/3/29付記事)

また、医師の需給に関する検討会報告書※によると、毎年3500人程度の
医師純増となっている。しかしながら、医師一人頭の負担(感)は増大傾向に
あり、これは患者一人あたりに対する診療時間増・患者側の専門医に対する
要望の多様化がある。また勤務に対する処遇の不平等感・訴訟リスクの増大に
よる医師退職、開業医への移行が進んでいることも要因になっている。
※厚生労働省による検討会

奈良県の大淀病院で妊婦が意識不明になったが19病院に受入拒否され
搬送先病院で死亡した事件について、拒否した病院の拒否理由の大半は
「満床」「処置中」によるものだった。また、麻酔医が院外待機中で対応が遅れる
との理由や、母体状況の悪化に対応しきれないと判断した病院も含まれていた。

感情論だけであれば、怒りの声と思いは間違いないものやろうが、医師の現場
実情を捉えて考えてみると、仕組みそのものが問題視されるべきであって、
その根本解決を図らんことには、同様の事例は繰り返されるように思う。

医師の数は増加にあっても
医師一人の負担は確実に増大している


医療と言うものを見直すべき時機に、すでに両足を突っ込んでいるわな
それこそ、本当に必要な患者に、必要な治療ができなくなっている状況に
怒りを覚える。

少しのことで医者に掛かり、たいした病気にもなっていないのに通院する
人間も少なくない。これはその患者自身が、その行為が"間違っている"と
言う意識が無いからに他ならん。
また、安易に訴訟を起こす時世になっているけども、実はこれも医師負担に
なっている原因であることも見つめなアカンとも思う。
誰が見ても問題視される診療による訴訟は至極当然とはいえ、あたかも
カネを巻き上げるだけのために、訴訟を安易に起こす風潮にも切り込まねば。

とはいえ、これは啓蒙してどうなるっちゅーもんでも無いわけで、ならば
医療を受ける線引きの仕組みを作るしかない

それこそ、救急隊員が行う"トリアージ"のようなスタイルを診療患者にも
適用できないものか?優先順位が事前につけることが出来れば、助かる
命が増えると思うのだが。
トリアージとは、災害発生時などに多数の傷病者が発生した場合に、傷病の緊急度や程度に応じ、適切な搬送・治療を行うこと

|

« | トップページ | 客にもモラルを。 »

コメント

どうも今晩は。
休暇中の医療従事者です。
管理人さんのおっしゃるトリアージについてですが、導入困難です。
その場での正確な判定は、専門医にとってすら困難なこともあります。
(私自身、発症6時間は経ってるのに軽い頭痛しか症状のないくも膜下出血の患者さんを見たことがあります。)
しかも、軽症と判断して、その後の予後が悪かった場合、
下手すりゃ訴訟になって社会生命を絶たれます。

もう、とにかく結果が悪ければ医者を処断する風潮がある限り無理だと思いますよ。私だって絶対やりたくありませんし。

投稿: 通りすがり | 2007年8月30日 (木) 19時08分

通りすがりさん こんばんは!

いや、ご教授いただきありがとうございます。専門の方でも
判断が難しいのですね。傍目には分からぬ症状というものが
存在することを加味していませんでした。

しかし、この現状を打破する良い方法無いもんですかな?

歯科医は増加にありながら(リスクが低い)、救命の最前線に
ある医師の方々の負担は想像以上と思います。

仕組みの問題が大きな要素であることは承知していますが
やはり、喫緊を要さない患者を低優先にする方法を作れれば
幾ばくか負担も軽減できるように、思うのですが・・・。

あと、仰るとおり訴訟リスクを下げる必要も大きいでしょうね。
過酷な勤務の中で、さらに訴えられることを想定すると、医師の
存在意義とは?と疑念を抱かざるを得ない医師の方も多いのでは
ないでしょうか?

投稿: かめきち。 | 2007年8月30日 (木) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/7726974

この記事へのトラックバック一覧です: 冷静に見てみる。:

» カラフルフルーツ [民間人は今年]
イスラエル国内で 対立が絶えないユダヤ教 戦略 [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 03時11分

« | トップページ | 客にもモラルを。 »