« デジタルばかりが能じゃない。 | トップページ | 朝青龍関を思う。 »

2007年8月 2日 (木)

右でも左でも。ムッフン。

様々なブログを読む機会が増え、様々なシーンで
勉強させていただくブログも数多い
おかげさまで、自身の見識にも栄養を加えて頂くことも
しばしば 有難いことや

しかし、色んなリンクから飛び、閲覧するブログの中には
非常に眉を顰めてしまう・・・と言うか、見ていて疲れるものも
結構多いなって感じちゃう(チャウチャウ)
特に、ブログ管理者から見て反対の意見を持った人間に
対しての横暴な振舞と文面に、非常に疲労感を抱くことがある
逆もしかりで、管理者に対しての"それ"もある

コメントのやり取りなぞ見ていると、それはもう誹謗中傷の
オンパレードであって、醜いザマをまざまざと見せ付けられる
経緯をたどってみていくと、その発端は大したことの無いやり取りや
文言の受け止め方一つに対しての、言うて見れば「しょーもない」事が
きっかけだったりする

相手を"アホ・バカ"と罵り、"二度と来るな"的な文章も多々あるしな

一体全体どうしたことか と考えて見れば結論は簡単やったな

「顔が見えない」
これに尽きるわ。
顔が見えないから相手に対する配慮も無けりゃ、好き勝手書くことに
何の抵抗もない だって実害が無いんやもん

たぶん、お互いが顔をわかっていて、やりとりの積み重ねもありゃぁ
そんな醜い応酬が発生する可能性はほとんど無い
よっぽど嫌いな相手で無い限りは

せっかく良いこと書いていても、文言の醜さゆえにそれが全て
吹き飛ぶほどのイメージダウンや 意味あらへんがな

何をそんなにいがみ合っているの?と聞いてみたい
ほんま、不思議な世界やとさえ思う

罵り合って、いがみ合って、最後に残るのは一体何なんやろうね


ま、類は友を呼ぶ・・・っちゅーか、お互いが相手に対する配慮のできる
人間性を持った人のブログって荒れにくい
逆に荒れるところはトコトン荒れる そりゃもうボコボコバキバキよ

分かりやすい。

|

« デジタルばかりが能じゃない。 | トップページ | 朝青龍関を思う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/7385660

この記事へのトラックバック一覧です: 右でも左でも。ムッフン。:

« デジタルばかりが能じゃない。 | トップページ | 朝青龍関を思う。 »