« なんとなく書いてみる。 | トップページ | 命名『自民党崩壊内閣 』への道。 »

2007年9月 9日 (日)

冷静な視点を持つことが、正論に繋がる。

懲戒請求4000件超える 光母子殺害TV発言で

> 山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審で、被告の元少年(26)の
> 死刑回避を訴える弁護士への懲戒処分請求が4000件を超える“異常事態”に
> なっている。きっかけは、
橋下徹弁護士(大阪弁護士会)のテレビでの呼び掛けとされ、
> 元少年の弁護団のうち4人が橋下弁護士に損害賠償を求め提訴。弁護の在り方を
> めぐって、刑事とは別の法廷で、弁護士同士が全面対決することになる。
                              引用:産経新聞社 9月8日付

一種のセンセーショナルな面ではなく、
この一軒の推移を、くまなく見続けることが、何より肝要やろな、と思う
 
国民(俺)も流されること無く、どちらが現社会に置いて適切なのかを
見極める必要があるやろう
また、この出来事が今後の司法の在り方に、一石を投じることに
なる可能性もあるわけやしね。
 
これから、国民が司法に参加するわけで、やはり弁護士もこれまでの
やり方ではなく、"国民に理解を得る"努力が重要になってくるじゃろ。
専門用語のオンパレードで、国民を、制度の享受者を見下したような
弁護活動は受け入れられなくなることを、今回の一件が如実に表して
いるように思えてならない。

|

« なんとなく書いてみる。 | トップページ | 命名『自民党崩壊内閣 』への道。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/7870445

この記事へのトラックバック一覧です: 冷静な視点を持つことが、正論に繋がる。:

« なんとなく書いてみる。 | トップページ | 命名『自民党崩壊内閣 』への道。 »