2007年10月14日 (日)

亀田一家&TBS

先日の亀田君と内藤氏のボクシング。

結論から言って、視聴者やマッチ観戦者の多くは内藤氏を

応援している結果となった(亀田君の下劣なパフォーマンスへの反抗意識→

内藤氏の真摯ともいえる態度への共感)。

パフォーマーであろう亀田君(親父含めた亀田一家)は、あまりにもメディア(TBS)に

操られすぎてはいないか?

そもそもボクシングというスポーツに”ヒール(悪役)”は必要なのだろうか?

あの試合に〔スポーツマンシップ若しくは武士道精神〕は垣間見えず、

恥ずかしい結果となった感は否めないな。

ま、切腹宣言を出した亀田君がすごすご帰る姿に野次を飛ばす気持も

解らなくもないが、それはそれ。実際切腹するなんて思っちゃいない。

なんかね。そんな亀田君の発言もボクシングを愛するファンを愚弄している気が

してならない(俺はあまり詳しくないが)

それがファンの怒りに火を注いでいる。というか、あの父親に問題があるよな

和田アキ子も言うてたが、父親から離れるべきだろ(今回の和田発言はマトモだ。)

マトモなトレーナーの下に付いて鍛錬を重ねるべきだ。子供の品位を貶め

成長させる場をも失わせる・・・TBSからナンボ貰てるか知らんが、ロクに

プロデュースもできんくせに、表に出てウキャウキャやっとるのは愚か過ぎる。

息子が可愛そうだな。

いい加減TBSの視聴率上げの道具にされるのはお止め。

くだらん愚行でスポーツの場を汚す無かれ。

そして、息子共は有能なトレーナーの下で練習に励め。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年8月17日 (金)

それこそ軍国主義的。

> 第89回全国高校野球選手権大会で、16日に佐賀北(佐賀)と引き分け再試合を行った
>三重県代表、宇治山田商業の野球部応援団が、県大会決勝まで続けてきた学ランと「日
>の丸」の鉢巻き姿での応援を甲子園で“封印”していたことがわかった。「戦争を想起させる
>学ランは不適切」との投書がきっかけで、県高野連と同校が協議し、急遽(きゅうきょ)トレ
>ーナー姿での応援に変更した。同校では「大会中に終戦記念日もあるため配慮した」として
>いるが、OBなどからは「過剰反応なのでは…」と反発の声も上がっている。

何でもかんでも軍国主義につなげる方が、適切なバランス感覚を
欠いていると言わざるを得ない

なぜ、そこまで神経過敏になるのか?

こういう事をするから、変な前例が出来て特定の団体が
突き上げる要素となるのに。

なにより、
戦争/軍国主義化への道のりとして、一番危惧されるのは
極左/極右と言われる集団だ
左翼だろうが右翼だろうが、思想が片方に偏ったグループこそ
軍国主義や国威高揚に足を突っ込みやすく、乗りやすい

左翼だから平和主義 と言うわけでもないのだ。

Commented by glさん
はろー♪
これって、一見するとなんだか笑えますが、よくよく考えると怖いですよね。
 だって、戦争を想起するという理由だけで、服装を制限するんですよ!
戦時中の独裁国家みたいじゃないですか☆

 「原爆投下はしょうがない」と言ったらダメ(それが国民でも)、戦争を想起させる
服装を着たらダメ、国旗を掲揚するのはダメ(休日に日の丸を玄関先に出しておく
おうちが減りました。。)・・・なんでもかんでもダメダメ言い過ぎな気がしますよぉ。。

 こういうことをするから、少しずつ言論統制国家になっていくことくらい分からない
のかしら。。

>左翼だろうが右翼だろうが、思想が片方に偏ったグループこそ
軍国主義や国威高揚に足を突っ込みやすく、乗りやすい

 ひろちゃんのご指摘どおりだとおもいます☆結局、偏りすぎると、一緒になるん
ですよね。
 ただマスコミの左傾化は気になるなぁ。。やっぱりマスコミの影響もあるとおもい
ます・・・。みんな、よく考えぬまま「戦争につながる~!」と言っているような気が
するんです。。
 そんなんじゃ、みんな萎縮しちゃうよぉ。。

 自国の悪いところばかりじゃなくて、評価すべきところは評価しないとねっ☆☆

Commented by ne さん
戦時中の軍国主義、統制主義をイメージするからということのようだけど、これでは
たしかに逆統制主義になってしまうよ。
それにしても、たった一通の投書にたじろいで、思考停止状態に陥ってしまう教師
たちっていったいなんなんだろね。

Commented by かめきち。 さん
へろ~(^O^)/glさん
ホンマに逆独裁状態でんな~。あぁぁぁ恐ひ。
マスメディアに携わる記者諸氏こそ、この辺の疑念や問題を
突き上げて欲しいんだがなぁ。影響力あるわけやし。

>自国の悪いところばかりじゃなくて、評価すべきところは評価しないとねっ
 そうそう。国を誇れなき者に、国を守ることなぞできぬぞよ(-_-メ)


Commented by
かめきち。 さん
おはろ~ npしゃん。

大げさに扱うから、元々の意義や意味が薄れていくんすよね
変な気の使い方や、周囲の声を過大に扱う弊害に目を向ける
教師はいないのか!と問い詰めたひ。

あー、やだやだ\(-o-)/
…………………………………………………………………………………
<総論>
やはり、最近の左翼的思想の方々に言えるのは、『自分らが一番軍国主義的
要素を持っている』ことに気付いていないこっちゃね。
言葉では平和を叫びながら、行いそのものは統制主義/排他主義のオンパレードで
けして言論や思想の自由すら赦さない(かたや自身の思想だけは異常に尊重する)
左翼的思想が跋扈しだすと、国家としては危険水域に達し、後戻りできぬスパイラルに
ハマってしまうんだ
脳内平和主義者とも言える、あまりにも非現実的思想に則って、さまざまな場所で
それをひけらかす これは果たして人間平和主義的要素を兼ね備えているのか?
不思議でならない。
真実に目を向けずに、自身の感情論のみを押し付けていく彼らに、果たして
"正義"はあるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

朝青龍関を思う。

<(オレの)ブログ引用>

協会内部や幹部に、彼に手を差し伸べ助けてやろうとする側の
人間は居ないのか

よってたかって攻撃するのは、いじめと同義

何が悪かったか の経緯を踏まえ横綱に教えを説く者はおらんのか


このバッシングには、日本人特有の村八分性向がよく出ている

朝青龍関をすべて肯定するつもりは無いが、そもそもこのような
振舞を放置していた親方衆/協会幹部にも責の一旦アリ

それから逃げ、横綱を攻撃するに終始するは如何なものか
と俺は思っている

襟を正すは、相撲界そのものや。違うか?

後になって、「彼を放任してきた親方を苦々しく思っていた」と言う
他部屋の親方衆もいるが、それは結果論を突いて喜んでいる幼稚な
振舞
にしか見えない その前にあなた方は、どのような
アクションを行ったんや???物申したのや??


彼に対する好き嫌いの感情論を懲罰と言う皮を被せ
攻撃しているに過ぎへんのではないのかな?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Commented by t さん
出る釘は打て、水に落ちた犬は打て、はさもしい根性といわれても仕方ないですね。
この件については何も知りませんが、あなたの感覚のほうが正しいような気がしますね。
┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅
Commented by かめきち。
さん
tさん
コメントありがとうございます ご同意に感謝します
微妙な
バランスやと思うんです 否定する向きのご意見も理解でき
横綱の振舞が眉を顰めること多々あったのも事実ですし
しかしながら、
"ならば彼を
横綱として奉り、厳しく指導する事が後回しにされてきたのではないか?"
"横綱の偉業を相撲業界の盛り立てに利用し、-まぁまぁ今回は…-と見逃してきた協会の姿勢があったのでは?"
と思い、あえて記事を挙げさせていただきました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Commented by
さん
こんにちは、ひかりさんの所にも書きましたが、私は処分は適当かと…

横綱になってから親方(元大関)をいじめ、無視し、親方に付く弟子への当たりを変えていた事や、それでも協会に対して平に平に、私の教育不行き届きですからと庇い続け、それを見てなお増長した若造に位は必要ないかと。
┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅
Commented by かめきち。
さん
gさん  まいど!!おおきに
仰る通り横綱の振舞の積み重ねゆえ、処分妥当と思われることに理解でき納得もできます
が、しかし マスコミのバッシング=いじめ にも似た集中攻撃性に関しては意義あり なんですよ(ーー゛)
しかも、
横綱に責を負わせ、組織の至らなさを一切表明しない
協会幹部、親方衆に関しても同じくです
「では、あなた方は横綱の振舞を正すために、どれだけの努力を行い
 また、彼に説教をしたのか?彼を戒めるための行動は如何であったか」
ここにも疑問を呈します
悲しくも、業界として問題が勃発するのは、その統括側に問題が生じていることが往々にしてありますから(-"-)
親方が庇い続けたことも問題の起点になっているとも思うんです、俺は。
人の教育ってビジネスの世界でもそうやと思うんですが、時に庇い
時に厳しく…これが鉄則でもあるのかな、と。
ある意味、放り出して"出直して来い!!"ってぐらいの器量を公に見せ付ける
親方の出方が必要不可欠やったんかな?と。
その上で、
横綱に最大限のフォローをする さすれば横綱も自身の行為が
周囲にどのような影響を及ぼすかに考えが至った可能性はゼロではないかなって思っているんです
これは反論という主旨ではなく、コメントくださった内容に理解と納得も
含めた上で、自論の根底が何なのかをご理解頂きたく、アツク打たせて頂きやしたん( ^^) _旦~~
gさんの意見も最もやし、ただ
横綱だけじゃない責任の所在も明確に
せんとアンバランスかな~って思ったんすよ!(^_-)-☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Commented by
さん
>彼に対する好き嫌いの感情論を懲罰と言う皮を被せ
>攻撃しているに過ぎへんのではないのかな?
正論だと思います。

朝青龍の素行についてはバッシングしても
横綱に対する数々の陰湿な仕打ちに対しては
八百長疑惑、バッシング、優勝しても「あーあ・・・」等多数)
全く異を唱える者が居ないという異常な状況がそれを物語ってます。
彼の偉業に対しても(前人未到の大記録など)
「あーあ・・・」でしたからね。
これについては全く異を唱えない人たちが
ご都合主義で(好き嫌いだけで)何かにつけて
”品格”だの”相撲の心”だのという
うわべだけの言葉を持ち出して
あれこれ言ってるだけのこと。
わたしはそう思います。
┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅
Commented by かめきち。
さん
dさん おおきにです!
彼もまだ若い!そこに目を向けると若いながらに
横綱と言う
注目される存在かつ、品性を求められる立場になった場合
そのプレッシャーは、俺には測り知れないほどのものやと思うんです
だからと言って数々の振舞が赦されるわけではない

とは言え
それを正していく、正して処してくれる人間が居たか?
と言う面を掘り下げて見つめてみたかったんですよ
彼に懲罰を与えるなら、上司や統括組織の幹部も同列に扱われるべき
俺はそう思ってるっす!
もしかしたら、最善の処置を協会は行っていたかもしれない
けど、客観的に見ていまの相撲界を取り巻く状況も含めると
到底そんなことまでしていないやろう、と。
親方にしても、庇うことを良しとされたのであろうが、それが逆効果に
繋がったんかなとも思っています
公衆の面前で叱り飛ばし、見えないところでケアする方が、実は
ここまでのバッシングにならなかったんでは無いか?
視聴者やマスコミの心理動向を考えると、恐らくそのはずなんですよね
全てが悪い方向に進んでいった そして、それを止める手段が徐々に薄くなっていった
故の、この結果なん違ゃうかな~って思うんですよ
外部(周囲)に
横綱に対する嫌悪感を抱かせたのは、まさにここに理由の
多くが存在している そんな気がしてならんのです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Commented by
gl さん
 ひろちゃんに賛成票投じますっ!(^o^)/◇
 ひろちゃんの「
村八分」という表現はそのとおりだとおもいます。最近メディアスクラムって言葉が言われるようになり,マスコミが一つのニュースに群がる傾向があると指摘されています☆(群がるわりには,みんなが付和雷同的な報道に終わってしまう・・・)
 なんだろう・・・もっといろいろな見方ってできないんでしょうけね。。前の久間さんの「しょうがない発言」のときも,「悪い!」「悪い!」ばかりで,その奥にある大切なものを見失っていた気がします(失言も悪かったんですけど,原爆というものを考える機会を視聴者に与えませんでしたよね)。
 だから,今回も
朝青龍バッシングとその周囲の偽善的な(?)対応を見せつけて終わっちゃいそうな気がします。だから,朝青龍ばかりで,もっとコアな相撲界の問題が見えてこないですよね・・・最近の相撲人気にしても,やっぱり相撲界が変わらなきゃいけないハズなのに。。
 「品格」だの何だのと言うほうに「品格」を感じない今日この頃です(+_+)
┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅
Commented byかめきち。さん
glちゃん おおきに~ 同意ありがとー!!
書きたいことは上に綴っちゃったんで、ネタが無くなってきたけど
まさにマスコミの一方向性の報道には辟易としますな
なぜ違った観点から見てあげることができないんだろう?

横綱はまだ若い、恐らく記者諸氏よりも経験も人生も薄かろう
ならば、今後の横綱のあり方に考えを綴るマスメディアがあっても
いいんじゃないか、と
結局マスメディアっちゅーのも、周囲の論調に
されて
彼を別の面から見て上げようとする「寛容な心」が無いのんかな?
事実を書き記すのがマスメディアではあるが、少なくとも編集雑記や
社説など記者や編集長の考えをアピールする場はある
ならばその場で、別の視点で物事を解きほぐすメディアがあっても
いいんじゃないか?って俺は思ってる
正論が常に正しいとは思わんが、様々な事案に於いて別の面を掘り下げる
それは決して無意味じゃないし、無駄でもない
もしメディアも上に書いた方向性を持った社が出てきたら、バッシングだけに
終始しない議論も出てくるかも知れへんね(^_-)-☆

| | コメント (1) | トラックバック (1)