2007年9月23日 (日)

原点回帰。

「下半身写真、ネットに」神戸の自殺生徒がメモ

>  神戸市須磨区の私立高校で今年7月、校舎から飛び降り自殺した
> 同校3年の男子生徒=当時(18)=に対し、同級生の少年(17)らが
> 金品を要求していた恐喝未遂事件で、男子生徒が残したメモに「下半身の
> 写真をインターネットサイトに掲載された」などと書かれていたことが20日、
> 兵庫県警の調べで分かった。また、髪形が「ソフトモヒカン」に変わり、
> 知人に「罰ゲーム」と話していたことも判明。県警は、嫌がらせが度重なった
> ことが男子生徒の自殺につながった可能性が高いとみている。

昨今"いじめ"の陰湿化傾向に拍車がかかり、なおその歯止めと
なる要素が垣間見えない状況に、危惧を大きく抱いてしまう。

イジメの定義は"腕力・暴言による、それに抗えない者への力の誇示"
"集団化し、特定の個人を貶める行為"にそう変化はなかろうが
手段の変化が大きく影響している、という面も見逃してはならんな。

言うなればメールでのイジメ行為加担(一晩で周囲の空気が一斉に変化)で
あったり、サバイバルナイフなどの小型凶器による暴行・脅迫・・・写メによる
脅迫など手段の高度化・影響力の増大、インターネットによる被害者側の受ける
脅威と重圧の増大率は、昔以上の状況になっているやろう。

今まで、厳罰に処すべき!の立場でこの手の件に関して記事を書いて
きたし、これは変わりないところではあるけども、これはあくまでも、起きてしまった
結果に対しての考えであるわけで、この"イジメ凶悪化"に歯止めをかけるには
厳罰化だけでは正直何ら改善は見込めないように思う。

イジメを行う側の心理状況は、ある意味"お祭り"に似ているように思う。
気分が高揚し、意を共にする集団心理がさらにそれを助長し、被害者の存在は
あくまで"生贄"的要素としか見えない。それが当たり前と感じてしまう面に
大きな要因があるのは事実やろう。

言うなれば、これは人間の集団心理に関わる事であるし、けして子供の世界
の話だけではない。大人社会でも差別や特定個人を貶める集団心理の発生、
イジメと同義とも思える、イビリや村八分性向がまさにソレであろう。

ならば、イジメそのものをなくす事は不可能であるし、大方の人間もそれは
感じているところでもあろうし、できることならそれと『関わりたくない』心理が
働き、歯止めとなる機構は存在し得ない、という結論に至るわけよ。

もしこの状況に改善を見込むのであれば、イジメ内容に変化を持たせる
環境にするしか無いと思う。先に挙げたイジメの変化のように、インターネット、
携帯、凶器といったツールを、少年が手にできない状況を作るほうが、イジメを
無くすよりも、現実的且つ実行に移し易いわけよ。

イジメの凶悪化やネットを活用した巧妙化については、おそらく現社会の
合理化主義が、悪い面で出てきてしまった、と言っても過言ではなかろう。
家族愛や、情などといった非合理的側面を排除し、効率・スピード・結果と言った
合理化を推し進めた結果、イジメを行う側もその時代背景に応じた攻撃スタイル
を持ち始めてしまった・・・これは否定できない。

ならば、一旦非合理的要素に重点を置き、不便であろうが日本の孕んでいる
問題点を払拭せねば、問題解決に至らぬように思うわけや。

家族・愛情・コミュニティと言った、昔ながらの風習を戻す事ができるなら、
現在のイジメ問題の根底にある"凶悪化"の面は少なくとも緩和できるように
思う。その為には、少年犯罪に対する厳罰化の流れと共に、地域や家族、
和と言った側面を重点に置いた政策も必要になってくるやろう。

そこには現実の生活で不便を強いられる層の多くから反感・反論が多く出、
なかなか難しい道のりになろうし、ハードルは非常に高い。
しかし、それ無くして改善することなぞ、おそらく出来ない。
しかし、その面を重視する事でイジメ問題ならずとも、通常犯罪の問題や
教育問題、モンスターペアレント問題など、多岐に渡って効果を出すことが
可能なように推察する。

----たとえば近年、家庭や青少年のからんだ凶悪犯罪が生じると「心の闇」
なる言葉がしばしば悪い意味合いで用いられる。(中略)人間の心には誰しも
闇があって当たり前ではないか。「心の闇」の存在を受け入れ、適度に発散
させてゆくことこそ重要なのであり、闇をひたすら否定・抑圧しようと試みることは
土蜘蛛の反乱よろしく、かえって暴発を引き起こしかねない。
 また「家族再生」を主張する者には、伝統的な育児の知恵が科学的見地からも
妥当である点を強調したり、「親学」なるものの体系的な樹立を唱えたりする傾向
がうかがわれる。かかる傾向をいちがいに批判するつもりはないにしろ、それが
「本質において非合理な要素を持たねばならないものを、合理的な形へと一元的
に置きかえる」性格を有する点で、回り回って家族を否定する結果を招く危険性に
ついては指摘させるべきであろう。
 常識的にいって、非合理を「科学」にしようと試みたり、ましてマニュアル的に啓蒙
しようとするのは、そのこと自体が矛盾をはらむ---
                   (引用:佐藤建志「保守には闇が必要だ」 産経新聞社「正論」より)

上記のように、先に唱えた非合理性をマニュアル化しようとするのは言語道断で
あって、あくまでも日本の家族主義的要素であったり、元来存在していたコミュニティ
を自然と体現できる環境作りに重点を置くべきでやろう。
システム化、デジタル化してしまった社会ゆえに弊害が発生し、いまそのスパイラル
に嵌っているんだと、私は思うんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月 9日 (日)

冷静な視点を持つことが、正論に繋がる。

懲戒請求4000件超える 光母子殺害TV発言で

> 山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審で、被告の元少年(26)の
> 死刑回避を訴える弁護士への懲戒処分請求が4000件を超える“異常事態”に
> なっている。きっかけは、
橋下徹弁護士(大阪弁護士会)のテレビでの呼び掛けとされ、
> 元少年の弁護団のうち4人が橋下弁護士に損害賠償を求め提訴。弁護の在り方を
> めぐって、刑事とは別の法廷で、弁護士同士が全面対決することになる。
                              引用:産経新聞社 9月8日付

一種のセンセーショナルな面ではなく、
この一軒の推移を、くまなく見続けることが、何より肝要やろな、と思う
 
国民(俺)も流されること無く、どちらが現社会に置いて適切なのかを
見極める必要があるやろう
また、この出来事が今後の司法の在り方に、一石を投じることに
なる可能性もあるわけやしね。
 
これから、国民が司法に参加するわけで、やはり弁護士もこれまでの
やり方ではなく、"国民に理解を得る"努力が重要になってくるじゃろ。
専門用語のオンパレードで、国民を、制度の享受者を見下したような
弁護活動は受け入れられなくなることを、今回の一件が如実に表して
いるように思えてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

平手打ちぃ!

>当然?やりすぎ?平手打ち警官に激励2000件

> 横浜市旭区で、電車内でふざけていた男子高校生(16)を平手打ちするなどしたとして、神奈川県警
> 
大和署の小磯慶洋巡査長(33)が傷害の現行犯で逮捕された事件で、6日夕までに県警に巡査長の
> 行為を支持するメールや電話などが多数寄せられ、その数は約2000件という。県警監察官室はこれに
> 対し、詳しい事実が分かったとして同日、会見を開き「巡査長の行為は一方的でやりすぎだった」とした。
>  県警には「注意できる大人がいない中、きちんとしかるという行動は安心できる」「あまり厳しく処分し
> 
ないで」など巡査長の行為をたたえる電話やメールが殺到。しかし生徒の母親からは同日未明に「事実
> と違う」という電話が同県警旭署にあったという。

何を言おうとも、高校生がした行いに擁護される面は無かろう。
 
警察官も、自分の状況(酔っていた)面を考慮すれば、口頭注意に
止めるべきが妥当のように見えるが、果たしてそれが適切か、
現場を見ていない以上なんとも言えん
 
駅員に注意された後、ライターはしまったが、さも悪びれた言動を
していたのにピリピリっときた警察官が戒めの行為に出た可能性も
イメージできるからな。
当然、やりすぎた(高校生が反省していた)可能性も無きにしも
あらずやけど、ピストルライターを遊び半分で人に向けていた
低レベルなガキと考えると、この可能性は非常に薄い。
 
そもそも、親が『事実と違う!』と抗議している時点で、親の
レベルも図れると思う。
昔なら、子供が少しでも悪けりゃ少々理不尽な面があっても
『アンタが悪い!!』と叱られたもんだが。
 
 
ますます、不思議ちゃんが増殖してきたな~と実感するこの頃や。

見た目、行い・・・印象はそこが起点となる

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年9月 4日 (火)

愚かな行為じゃないか。

> 光市母子殺害の弁護団、橋下弁護士を提訴 懲戒呼びかけで業務妨害

>  大阪弁護士会の橋下徹弁護士がテレビ番組で、山口県光市の母子殺害事件の被告弁護団に
> 対する懲戒処分を求めるよう視聴者に呼びかける発言をしたことで、業務を妨害されたとして、
> 弁護団のメンバーで広島弁護士会の足立修一、今枝仁両弁護士らが3日、橋下弁護士を相手取り、
> 1人当たり約100万円の損害賠償を求める訴えを広島地裁に起こした。

橋下弁護士の番組内での提案により、多くの視聴者が
懲戒請求を申し立てたわけや

~それで業務を妨害された、との理由で橋下弁護士に
損害賠償を請求する~

その前に、橋下氏の呼びかけに対し、『業務を妨害された』
と感じるほどの、多くの申し立てを受けたことに、彼らは
何の気付きもなく、思いも馳せないのだろうか?

現実として、一弁護士の呼びかけに多くの視聴者が同じ思いが
あり、それをそれぞれの個人が"懲戒請求"と言う行動に出たわけや

世論が何も疑問を感じていないか、興味が薄い事案であれば
そこまでならんわな。

それだけ影響が大きく、かつ被告側弁護団の手法に多くの憤りを
感じている国民がいると言う事実

それを、弁護団は真摯に受け止めるべきやと、俺は思うんや。

それを感じずに、事故の都合ばかりを持ち出す愚

これには憤りを感じざるを得ない。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2007年5月28日 (月)

今日は私事ですが・・・。

あまりにも衝撃的で、気持ちの整理がつかないのです
それはZARD坂井泉水さん事故死についてです
死については様々な憶測もあろうかと思いますし
それが出るのが世の常。
ただ、今回に限っては私は"お亡くなりになった事実"
だけを捉えて書き綴ります 
それ以上何も問いたいと思わないし、起こった事実・
悲痛を軽減することなぞ出来ないのですから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私にとってのZARDは、まさに青春そのものであり
多感な時期に一番良く聞いたアーティストであった

彼女の綴る揺れる恋愛感情を綴る『元気になれる歌詞』や
『時に切ない』歌詞、耳に心地よく入ってくるヴォイス、それに
マッチするメロディーは何物にも代え難かった。

その、私の思い入れが強く一番大好きな人が逝ってしまったんだ
この悲しみとショックは、言葉では言い表せない、言い尽くせない

人の死というものは、いずれ受け入れなければならない
生在るものは必ず死が訪れる・・・そんな分かりきったことでさえ
素直に受け入れられない自分が居る

私の多感期であった90年代では、彼女のメロディーは途切れることは
無かったし、常に私の傍で心地よく流れていた

彼女の携わっている楽曲は全てといいほど買い漁った記憶が真新しく
そこから好きになったアーティスト・人物が多い
WANDSや大黒摩季、織田哲郎、DEEN・・・言うなれば彼女が在籍した
ビーイングの戦略にまんまとハマっただけに過ぎないのだろうが
彼女が詩を提供していたり、バックコーラスに参加している・・・
それだけで買い漁っていった それゆえに音楽にどっぷり浸かり
今の自分の一部になっているのは紛れも無い事実である

ちょうど恋愛やら何やらと、浮き沈みが激しい年頃
そんな時に彼女の音楽に耳を傾けるだけで、喜びが増幅したり
逆に励まされたりと・・・非常に素直に感情をコントロールできた。
音楽と言うのはそう言うものでもあり、人にとってかけがえの
ない時期を共に過ごした恋人のようなものだと思う。

彼女を知ることができた機会に感謝しているし、彼女の音楽を
聞くことができた幸せに感謝している

彼女は間違いなく日本の音楽史にひとつの功績を残している
彼女が作り上げてきたものは、多くのファンを魅了し、ファンでは
無くとも、記憶の片隅に音楽が残っていることを誇りに想い
一ファンとして嬉しい気持ちでいっぱいだ。

まだまだ作り続けて欲しかった無念はあるが
いまはただ彼女が安らかに天国へ向かわれている事を祈る
だけである 心より冥福をお祈りしたい

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは別ブログで書いた記事をそのまま転記しました
書けることはこれに書いたし、これ以上書く気が起こらないので・・・
申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)